なぜ女性は腰痛になるのか?その原因教えます!

症状原因ブログ
なぜ女性は腰痛になるのか?その原因教えます!

あなたもなったことがあるツライ腰痛

整形外科や接骨院で電気や温めたり、痛み止めやシップなどをしたりしても、マッサージなどをしても良くならない・・・
リラクや揉みほぐしと言ったマッサージ屋さんに言ってもその時は軽くなっても、次の日にはまた痛くなる・・・

痛いから、仕事、家のこと、子育て、バレーボールなど、身の回りや自分の好きなことが思うようにできない・・・
そのようなお悩みを抱えている女性は非常に多いです。

この記事を読んでいるあなたも同じかもしれませんね!

こんにちは、接骨院RISEの斉藤です。

現代人に多い腰痛
特に女性は男性よりも腰痛症になる原因が多いのが特徴です。

それはなぜか???そんなことをお伝えしますね!
少し長い記事になりますが、最後まで読んでいただけたら嬉しいです!!!

1.そもそもなぜ腰痛になるのか?

人はなぜ腰痛になるのでしょうか???そのお話をまずしていきますね!

人は進化の過程で二足歩行となりました。
これが腰痛の歴史の始まりと言っても良いでしょう。

二足歩行になると、頭から骨盤までの背骨に垂直方向に負担がかかります。
そして、背骨の一番下にある腰椎(腰の背骨)には頭の重さや上半身の重さも加わるため特に大きな負荷がかかってくるのです。

このストレスを軽減するために、頚椎・胸椎・腰椎は横から見るとS字状にカーブをの形をとり分散させているのです。

このS字状のカーブを描くことで背骨の関節自体がスプリング(バネのような)の働きをして、関節やつい間板などにかかる衝撃を分散させています。

しかし、現代ではパソコンやスマホの影響で猫背姿勢になり、S字状のカーブが崩れて、腰骨の関節や椎間板などに負担がかかってくるのです。

また腹圧を高めて腰を守ります。
腰は肋骨のような骨で腰骨を守ってくれるものがありません。

腰には腹筋と背筋しか守るものがないんです・・・
いわゆる腹筋や背筋などの体幹部の強さですね!!!

が、これもまた現代人特有の筋力低下により、体幹部の強さが低下し、腰を守ることができなくなっているのです…

今までは良かったのに、最近の腰痛がなかなか良くならないのはなぜ???

詳しくはこちらの記事をご覧ください!

2.様々な腰痛の原因とは???

腰痛の歴史についてはいかがでしたか?
人間で立つ・二足歩行をするという宿命がある以上、腰痛のリスクは常に付きまとうのです・・・

では、腰痛の原因にはどのようなものがあるのかをお話しします!

腰痛には、特異的腰痛非特異的腰痛の2種類があります。

神経症状や病的な問題、レントゲンやMRIなどの画像診断で腰そのものに原因があるのが特異的腰痛
神経症状や病的な問題、レントゲンやMRIなどの画像診断をしても、どこに原因があるか分からないのが非特異的腰痛

です。

それでは順に説明していきますね!と、その前に整形外科を少し詳しくお話ししますね!
整形外科というのは、別名『骨科』と言われる病院です。

つまり、骨に異常があるかどうかを診る病院なんです。
だからレントゲンやMRIをとって骨に異常があるかを検査していくんです。

骨そのものに異常があれば、手術や整復、固定という処置をします。
また、医者ですから炎症が起きている部位には、薬や湿布などを使って炎症を抑えていくのですね!

整形外科のことを理解するだけで、今後あなたの体のお悩みがどこに行けば解決できるのかの指標になります。
それではまず、特異的腰痛に関してお話ししていきます!

整形外科のレントゲンやMRIなどではっきりとした原因があるものですね。

ぎっくり腰
腰痛椎間板ヘルニア
脊柱管狭窄症
筋筋膜性腰痛
腰椎分離症
腰椎すべり症
骨粗鬆症
変形

また、骨格や筋肉以外では、内臓や神経、血管系、心因性が原因で起こる腰痛もあります。

脊椎や脊髄にできる腫瘍
腰椎の変形によって起こる整形外科的問題
腎臓や尿管の尿路結石などの泌尿科疾患
子宮筋腫などの婦人科疾患
膵臓や肝臓、胃腸の消化器系疾患
大動脈瘤などの血管系疾患
自律神経失調症などの心因性疾患

今まで私も多くの腰痛患者さんをみてきましたが、実際に膀胱がんという患者さんもいらっしゃいました。
内臓や神経、血管系、心因性が原因で起こる腰痛は、電気や温め、マッサージでは全く効果はありません。

もしあなたが整形外科や接骨院、または整体のような病院や治療院に行っているのに、1ヶ月間全く痛みや症状に変化がない場合、安静にしていても痛みが引かない場合、腰だけでなく背中やお腹など他の部位にも痛みを感じる場合、内臓や神経、血管系、心因性が原因で起こる腰痛を疑った方がいいと思います。

これらの腰痛は、それぞれの専門の病院に早急に診てもらって下さいね!!!
それでは次に、非特異的腰痛についてお話ししましょう!

しびれやマヒなどの神経症状がなく、整形外科のレントゲンやMRIなどを撮っても、原因が不明または特定できない腰痛ですね!

非特異的腰痛は、なんと腰痛症の85%が該当すると言われています。

あなたももしかしたら、整形外科に行っても、異常はありませんね、とりあえず痛み止めと湿布で様子を見ましょう!と言われたことがあるかもしれませんね!

その理由は、原因が分からないから対処のしようがないからです。

例えば、しびれがあるのであれば、しびれを緩和する薬を処方したり、手術をしてしびれの原因となる場所をアプローチすることができます

原因がわからないからお医者さんも対処のしようがないのです・・・
いわゆる診断ができない腰痛のことです。

・姿勢が悪く、腰の筋肉や関節に負担をかけて痛みがでる
・筋力が低下し、腹筋や下半身で腰を支えることができずに痛みがでる
・体が硬く、筋肉の柔軟性が低下し、血流が悪く、コリのような痛みを感じる
・長時間同じ姿勢(立ちっぱなしや座りっぱなし)をして腰が痛い
・寝起きが痛い
・痛い時と痛くない時がある

などのように診断名が付けられないけど、腰が痛いという状態は非特異的腰痛と言えます。

これらはあなたにも当てはまるかもしれませんね。

明確な理由は整形外科などでは教えてくれません。だって、診断できないんですから・・・
明確な理由がなく整形外科に行っても、痛みがあり、良くならない。

これは辛いですよね・・・

姿勢が悪い
筋力低下
体が硬い
血流が悪い

のような理由があるじゃん!!

って思われるかもしれませんが、これらのことはレントゲンやMRIで骨や靱帯などを見ても、それが腰痛の原因とはドクターは断定することができないんです。

だって骨や靱帯そのものには異常がないんですから・・・

でもね・・・非特異的腰痛にも痛くなる理由はあるんですよ!

先ほどの

姿勢が悪い
筋力低下
体が硬い
血流が悪い

が原因と言えますが、もっと大事なのは・・・なぜこれらのことがあなたの体だに起こっているのか???なんですよ!

なぜ姿勢がわるくなるのか?
なぜ筋力低下になるのか?
なぜ体が硬くなるのか?
なぜ血流が悪くなるのか?

これらを解決することこそ、根本からあなたの腰痛を変えていくことになるのです!

3.女性特有の腰痛の原因

さて、今までは骨格や筋肉などの原因についてお話ししてきました。
でもね、まだ原因はあるんですよ。

もしかしたらあなたの腰痛の原因はこれかもしれませんね!

それは

ホルモンバランスの乱れ
婦人科系の病気
生理痛
冷え性
自律神経の乱れ
精神的ストレス
睡眠環境の悪さ

これは女性に多く起こる症状ですね!あなたはいくつ当てはまりましたか???

接骨院RISEでも多くの非特異的腰痛の患者さんの施術・リハビリをさせて頂いていますが、7〜8割の患者さんは骨格的な問題を施術・リハビリすれば、体の変化が出てきます。

しかし、2〜3割程度の患者さんは、骨格に対するアプローチだけではなかなか変化がみられない患者さんもいらっしゃいます。

このような患者さんには、自律神経へのアプローチして、自律神経の調整、睡眠環境を整えることをしています。
この2つだけでも効果が出てきます。

あなたも試してみてはいかがでしょうか?

4.腰痛の対処法

では、RISEの腰痛の対処法についてお話ししていきましょう。

基本的には

骨格
筋肉
神経

これら3つに対してアプローチしていきます。

骨格に対しては、骨盤矯正や骨格矯正で関節可動域や姿勢を矯正していきます。
筋肉に対しては、筋膜リリースやストレッチ、運動にて柔軟性の向上・筋力強化を目指します。

神経に対しては、頭蓋施術やリハビリにて自律神経の調整・神経伝達の活性化にて、体を動かしやすくします。
ざっと書きましたが、これら3つの施術やリハビリをあなたの体や症状に合わせて提供していきます。

問診・検査・カウンセリングにてあなたにあった施術やリハビリを一緒に取り組むことをお話しします。
そしてご納得いただけた場合に、施術やリハビリをしていきます。

もしあなたが整形外科や接骨院に行っても腰痛が治らない、腰痛の原因が分からず不安な日々を送っている、将来体が悪くなるかもしれないという不安があるというお悩みがございましたら、一度ご相談ください!

ホームページからLINE登録して、ご相談いただければ24時間以内にご返信いたします。
あなたからのご相談お待ちしています!!!