女性が40歳から感じる将来の体への不安・・・

症状改善ブログ
女性が40歳から感じる将来の体への不安・・・

こんにちは。接骨院RISEの斉藤です。

「40を過ぎたら体に変化が起きて、将来が不安になった・・・」

あなたはこのようなお悩み持っていませんか?
そのようなお悩みの方をどのように施術していったかをお話ししますね!

今回は、実際に私が担当した患者さんの例をご紹介しますね!
きっとこの患者さんのような悩みを持っている人は多いはずです!!!

ちょっと長いかもしれませんが、最後まで読んでもらえると嬉しいです。

1.40歳女性に多い体のお悩みとは???

この患者さんのお体の症状は、肩こり・背中の張り、そして腰痛です。
いつもスッキリしない感じで、首や背中を動かして「ボキボキ」と鳴らしていたそうです。

お仕事で重たいものを持つ関係で、腰も痛く、朝の寝起きに痛みを感じるとのこと。

最初は口が重かった患者さんも、お体のことや今までのことを聞いて行くと、徐々に心を開いて様々なことを話してくれました。

でもね、実際のお悩みは「痛み」や「スッキリしないこと」ではなかったんですよ!
この「痛み」や「スッキリしない」というのは、この患者さんに起こっている症状の一つにすぎないのです。

そこで、

「肩こりや背中の張り、腰痛、そしてスッキリしないことによってどのようなお悩みがありますか?」

という質問したところ・・・

・寝付きと寝起きが悪い
・睡眠も浅い
・疲れが取れない
・やる気が起きない(仕事もプライベートも)
・集中することができない
・原因が分からないから、この状態が続くと思うと将来が不安
・ストレッチや体操をしたくても体が硬くて思うようにできない
・動くのが億劫になるから、体重が増えた

と出るわ出るわの不安の嵐(あらし)

これはお辛いですよね!!!

もともとは、休日にはアクティブに動き、よく出かけていたそうです。

でも

それもやる気にならず、家で寝ているだけの休日・・・
こんな生活から脱却したい・・・
でも、どうしたら良いのか分からない・・・

そのような時にインターネットで整体院RISEを見つけ、相談してみよう!と思ったそうです。

実はこの患者さん、過去に整体に行ったことがあり、骨盤矯正や施術を受けたことがあるとのこと。
実際の施術は、いわゆる「バキバキ」施術と骨盤矯正。

力が入ってしまい、痛くなりそうという不安が増したそうです。
それから整体は避けてきたんですが、この悩みから抜け出したい一心でご連絡をいただきました。

2.問診・検査・カウンセリングで分かったこと

では、実際にこの患者さんの体の現状を見ていきましょう!

・体が硬いと自負しているだけあって、背中や股関節の筋肉が硬く動きが制限されていました。特に左股関節が硬い

・そして足の長さを見てみると、右脚の方が短く見えます。
これは実際に骨の長さで短いのではなく、骨盤が背骨、股関節によって短く見えてしまっているのです

いわゆる骨盤や骨格の歪みによって脚長差が生じてしまっているんですね・・・

・実際に骨盤周りを触って圧痛を確認すると・・・仙腸関節周辺に圧痛あり!
これは仙腸関節障害といって、骨盤の土台の仙骨と腸骨の関節に問題があるということ

仙骨が土台となって、腰椎・胸椎・頚椎の脊柱(背骨)が乗っかっています。
この土台の仙骨の関節の不安定性が脊柱の問題を起こしている可能性が大きい!

・筋肉の張りやコリ具合はどうかな?

触れてみると、表面の硬さはあるけど、奥の筋肉の硬さはそれほど感じられない

これは、身体の奥にあるインナーマッスル(多裂筋・横隔膜・骨盤底筋群・腹横筋・腸腰筋など)が機能せず、身体表面に近いアウターマッスル(脊柱起立筋・僧帽筋・腹直筋など)で体を支えているということ

インナーマッスルは、関節を安定させて動きの基礎を作る働き
アウターマッスルは、関節を動かす働き

インナーマッスルで安定させた関節をアウターマッスルで動かせば、スムーズな関節運動になるけど、インナーマッスルが働かず、アウターマッスルだけで動かすと、不安定な関節運動になってしまいます・・・

つまり、動きに制限が出てきたり、痛みが出てきたり、動かしにくかったり・・・ということが起こってくるんですよ!

この患者さんは、本来関節を動かす働きのアウターマッスルで無理やり関節を安定させて、さらに関節を動かすという二つの役割を強いられている状態だったんです・・・

だから、表面ばっかりが硬くて、奥の方が硬さを感じなかったんです・・・
このような方は、意外と多いですよ。

あなたもそうかもしれませんね!!!

・実際の動きを確認!

頚椎と腰椎の関節が動きすぎている、胸椎と股関節の動きが少ない。
これはどういうことかというと、本来なら頚椎・胸椎・腰椎・股関節というのは役割があるんです。

分かりやすく説明すると・・・

頚椎・腰椎はstability(安定させる)な関節
胸椎と股関節はmobility(動かす)な関節

と分類されています。

頚椎・腰椎は動かすよりも関節を安定させる関節
胸椎・股関節は動かす関節

でもこの患者さんは、あまり動かさずに安定させる頚椎と腰椎が過剰に動きすぎている
本来動くべき関節の動きが少ない

この患者さんの体の動きと役割が逆になってしまっているのがお分かりでしょうか?

これでは、体が思うように動かず、スッキリしない状態になりますよ!!!
また首をボキボキ鳴らしている癖も関係ありますよ。

音を鳴らすために無理やり動かしているので、本来の関節可動域(関節の動く範囲)を超えてしまったんです。

これが頚椎や腰椎が動きすぎている原因の一つでもあるんですね!

「あなたもやってませんか???」

ってドキってしました???(笑)
とまあ、こんな感じで骨格的な問題点がいろいろ出てくる出てくる!!!

・最後に、頭蓋骨の動きや呼吸をチェック

これは自律神経に問題がないかを確認するため

そしたら、

  • 頭蓋骨の動きが小さい
  • 呼吸が浅い
  • 呼吸によって動く胸郭や肋骨の動きが少ない
  • 頭蓋骨の動きが小さいのは、自律神経の交感神経が優位な状態

つまり、常に興奮状態でリラックスできていない状態なんです
呼吸が浅いのも、交感神経が優位でリラックスできていない状態

リラックスするのに深呼吸するのは、あなたもやったことがあるのではないでしょうか?

胸郭や肋骨の動きが少ないことによって、体の構造上、背骨の動きを制限してしまうんです!
また、深呼吸の時に肺が大きく膨らむのですが、肋骨が開かないから肺が大きく膨らむことができない状態に・・・

これも呼吸が浅くなってしまう原因になっていました。

つまり、自律神経の交感神経優位というのは、脳や体が興奮していて、痛みを敏感に反応しやすい状態なんですよ。
だから、ちょっとした動きや張り感で痛みを感じやすいんですね

リラックスできていないから、睡眠も浅くなり、常にスッキリしない状態なんです。
スッキリしなければ、疲れも感じやすくなるし、当然何かをやろう!っていう気持ちにもなれませんよね・・・

体を動かす気力も出ないし、出たとしても体が硬くて痛いし・・・

ここで患者さんの悩みを復習!

  • 寝付きと寝起きが悪い
  • 睡眠も浅い
  • 疲れが取れない
  • やる気が起きない(仕事もプライベートも)
  • 集中することができない
  • 原因が分からないから、この状態が続くと思うと将来が不安
  • ストレッチや体操をしたくても体が硬くて思うようにできない
  • 動くのが億劫(おっくう)になるから、体重が増えた

見事に今回の検査ではっきり分かったことと一致しましたね!!!

もともとは、休日にはアクティブに動き、よく出かけていた・・・
でも、それもやる気にならず、家で寝ているだけの休日・・・

こんな生活から脱却したい・・・
でも、どうしたら良いのか分からない・・・

本当にお辛かったですね。

3.RISEでの施術

では、どのように施術して行くか?
単に骨盤や骨格の歪みを整えていき、体の硬さを柔らかくしていくだけではなかなか良くならない。

それはなぜか???

「自律神経の乱れにより、体を動かす環境ではないから!」

今この患者さんの脳は、なるべく体を動かして欲しくないと思っているんですよ
だって常に興奮していて疲労しているのに、動いたら余計に疲労してしまいますよね?

だから、脳が痛みを出して、体を動かさずに休んでいなさいという指示を出しているんです。
ってことは、まず最初にやらないといけないのは、リラックスする環境を整えること!

患者さんにも説明し、ゆっくり寝るための環境を一緒に考えました

やってもらったことはこれ!!!

・寝る前にスマホを見るのをやめる(就寝1時間前からスマホを見ない)
・お風呂にゆっくり浸かる
・お風呂上がりにRISEオリジナルストレッチを行う
・寝る前に目をつぶり、深呼吸をして、リラックスするようにする

そして、RISEでは自律神経の調整施術

頭蓋施術で頭のリラックス!

初回の施術中に「眠くなった」と効果を実感してもらいました。
そして骨盤矯正と痛みの出ないようなRISEオリジナルストレッチを一つお伝えして、その日は終了!

3日後・・・

RISEのドアを開ける患者さんの顔が少し明るくなっていた!

「久しぶりに朝まで寝れました!!!いつもは、夜中に起きてしまうんですよ。今朝は起きた時に頭がスッキリした感じがあって。」

良かった・・・

2回目も頭蓋施術と骨盤矯正
そして筋膜リリースの手技施術で硬い場所を緩めていきます。

腹筋と股関節周辺
深く呼吸するのを邪魔している筋膜を徹底的にリリース
そして、胸郭や肋骨の動きを出すようにストレッチポールで背骨を緩めながらの深呼吸

この施術を4回目まで繰り返し行う。
もちろん、患者さんには寝る環境作りを実践してもらいながら!

5回目!

コリや硬さは感じるものの、体を動かすのが楽になった!寝つきと寝起きが良くなった!
そしてさらに嬉しい報告が・・・

お仕事がお休みな日曜日に近所の本屋まで歩いていって、大好きな読書の本を買いにいったそうです!
自分の好きなことができた休みなんて久しぶり!!!

元気が出てきて、楽しい休日になった!とても嬉しそうな笑顔で報告してくれました。

本当に良かったですね!僕も嬉しい!!!

今まで体を動かそうという気力が起こらなかった患者さんが書店まで歩いたそうですよ。
これ、すごくないですか???

さあ、これで体を動かす環境が整ってきた!

4.まとめ

今は、頭蓋施術は週に1回に減らし、骨格的な施術やリハビリにシフトチェンジ!
体が動きやすくなったので、運動もバリエーションが増え、ご自宅でのエクササイズも3種目に増やしました

まだまだ施術とリハビリは続きますが、RISEに来る前の体に戻らないように、体を根本から変えていきます!

体をアクティブに動かし、自分の好きなことができるようにする
将来、体動かなくなる不安をなくす

「最初はどうなるかなと不安だったけど、今はこのままRISEを続けていけば将来の体の不安もなくなって、自分の好きなことがやれそう!」

患者さんの口から出た嬉しいお言葉!

体の不調から将来に不安を感じる女性は多いと思います。
あなたもそのうちの一人かもしれません。

特に40歳を過ぎると、

・ホルモンバランスの乱れ
・筋力の低下
・更年期障害

なども重なってくるので尚更です。

私たちはあなたのように体の悩みを抱えて、将来の不安を感じる人を一緒に問題に向き合い、時間がかかるかもしれないけど、
患者さんの悩みを本気で考え、一緒にその悩みに取り組む、体を変えていく。

このようにサポートしていきたいと本気で思っています。

体で悩んでいる人に届いて欲しい。そんな思いでこのブログを書いています!
今日はこれにて失礼します。