足関節捻挫・シンスプリントで早期競技復帰をめざすためには!

症状改善ブログ
足関節捻挫・シンスプリントで早期競技復帰をめざすためには!

足関節捻挫・シンスプリント競技早期復帰に向けて!!

めざすは3週間で競技復帰!

足関節捻挫・シンスプリントは競技復帰に向けて計画的な施術、トレーニングが大切です。
悪くなった関節の動きや、弱くなった筋肉を強化し、足に負担のかからない運動動作を習得して頂きます。

そこで最も大切なことがあります。

足関節捻挫では現状がどの程度損傷されているのか?
腫脹・熱感や歩く際に体重がかけれるのか・・・

外側に体重はかけれるけど、つま先は無理だ!
そのような判別をすることが3週間で復帰する為に非常に重要になります。

受傷直後から足が付けない・・・

そんな時は、レントゲンを撮りましょう!
(ただし、受傷直後には骨に傷がついていても分からないケースもあります!)

骨や靭帯付着部に損傷はないか?
これが重要なポイントとなります!

明確な画像診断があるか無いかでは安心感は全く違います。
そこで、骨や靭帯付着部に問題がなければ・・・
いよいよ、リハビリだー!

ちょっと待ってください!

残念ながら・・・まだ動かしたりはしません。

損傷度によって違いますが、体重がしっかりと足首にのせる事ができない場合は、固定具での安静が必要になってきます。
捻挫の場合、 3日~10日前後の場合もあります。

ただし、腹筋や背筋などの足首から遠く離れている部分に関しては別途

リハビリは開始します。

【施術】

・筋膜リリース

負傷により、悪くなった関節の動きを正常に整えます。
固定期間が長ければ長いほど腱付着部などの癒着が多いため、受傷から約2週間は継続して行います。

☆健康保険が適応可能です。(※整形外科との並行通院はできません。)

・非荷重トレーニング

座った姿勢で関節可動域の改善、筋力強化を行います。
立位でのリハビリテーションを開始する為に、必要な段階です。

受傷直後から1週間程度の期間行います。
ちなみに、チューブトレーニングやペルビックなどはこの期間から始めます!

・荷重トレーニング

立位姿勢で行うリハビリテーションです。

全体重が足首にのったとしても、関節が安定し床からの反力を押し返す事ができるか!
このような基本動作を身につけて頂きます。

受傷から約3日~約2週間程度の期間行います。(期間は状況、状態によって違います。)
☆自費診療です。

・ジャンプトレーニング

アスレティックリハビリテーションです。
受傷から約2週間~4週間程度の期間行います。

競技復帰において重要な期間です。

靴を履いて行う競技やはだしで行う競技でも違います。
陸上選手とサッカー選手でも内容は違ってくるものです。

☆自費診療です。

まとめ

このように、

捻挫をした。⇒病院に行った。⇒骨に異常なかった⇒痛くなくなったら⇒復帰

ではありません。

捻挫⇒病院⇒骨に異常なかった⇒でも、固定や関節の安定性を保つこと⇒関節可動域UP⇒
単関節筋や固有受容器に対する訓練⇒筋出力UP⇒競技特性に応じた動きの訓練⇒復帰

簡単にまとめてしまいましたが、復帰までの過程は必ず必要となります。

安易に捻挫だからシンスプだから・・・大丈夫!
そのような患者さんは決して少なくない。私は感じております。

つい足首を捻挫しちゃった方、初めて捻挫した方!
わからないことはそのままにしないでね。

病院や整体に行って先生から

「大丈夫!湿布張って安静にしておいて・・・」
「痛みがなくなったら運動してもいいよ!」

って、いわれたら一度私たちに相談してみて下さい!

体に関しては、真実は一つじゃない!やるべき事、専門的な事は必ずある。
あなたの可能性を最大限サポートします!

接骨院RISE 永野でした!

youtubeでも色々発信してますのでのぞいてね!
「あなたにとって必要な根本施術を大公開!」

チャンネル登録はコチラ!!⇒

LINE@登録して直接相談!

浜松院はコチラ→“http://qr-official.line.me/L/4QYLN5UDFp.png.”

磐田院はコチラ→“http://qr-official.line.me/L/Lel2OGmAuE.png”