【浜松・磐田】姿勢が悪いとスポーツの技術が上手くならないのは???

症状原因ブログ
【浜松・磐田】姿勢が悪いとスポーツの技術が上手くならないのは???

こんにちは。浜松。磐田の腰痛、膝痛専門 【接骨院RISE(ライズ)】です。
前回は骨盤とスポーツの関係についてお話しました。

今回も、腰痛と関連がある、「骨盤」についてお話していきます。

スポーツにおいての骨盤のポジションはどのようにコントロールしていくのか?

前回に引き続き、野球を例にしてお話ししていきます。
最近は骨盤の前傾位が取れずに、骨盤が後傾し、猫背になった背中が丸まった選手(子供)が多いです。

スマホやゲームをやる姿勢がそのままスポーツを行う姿勢になっています。
背中が丸まった選手は基礎的な技術を発揮しようとしても身体が上手く動かないので、適切な技術発揮ができません。

例を挙げてみましょう。

・守る(ゴロを捕る)

①内野手

骨盤が後傾していると、正しい股割りやパワーポジションの姿勢をとることができないため、体がベルトラインで折れてしまいます。

体重もかかとの方に乗っているため、上体が前に出てきません(グローブも前に出てきません)。

この姿勢のまま「腰を落とす」ように指示しても、下背部と大腿部の前側の筋肉に負担がかかるだけなので、まずは姿勢の矯正が必要です。

②外野手

外野手に限らず、シングルハンドでのキャッチになりますが、骨盤が後傾しているとゴロを捕るだけでなく、地面すれすれのライナーをとる際にも影響が出ます。

骨盤をまっすぐに立てて、股関節で折ることが必要です。
股関節で折る(股関節屈曲)は、前傾姿勢が深まり、地面すれすれの打球にもグローブが届くようになります。

・走る

骨盤が後傾していると、背中が丸くなって後方荷重になり、足の運びが鈍くなります。
この姿勢では、ももを高く上げると骨盤の後傾を助長させることになります。

また、肩が前に入るため、肩甲骨がうまく使えず、腕を振ると上体が左右に大きくねじれます。
つまり、非効率的なランニングとなってしまいます。

・姿勢の矯正

姿勢の矯正、骨盤の後傾からニュートラルポジションに戻すには、体幹のインナーユニット(コアマッスル)の強化は欠かせません。

体幹のインナーユニットは、横隔膜、腹横筋、骨盤底筋群、多裂筋で構成される体幹(コア)のインナーマッスルのことです。
骨盤が後傾しないように、下腹部を凹まること、おしっこを我慢する・お尻の穴を締める、ことを訓練します。

さらにお尻にエクボができるように殿部筋を引き上げます。

これらのエクササイズを継続することで、自然に骨盤が立ち、姿勢が良くなってきます。
呼吸はお腹を凹ませた状態で、呼吸を行います。

RISEでは姿勢改善エクササイズを動画で配信しております。
今日も1つエクササイズをご紹介!

チャンネル登録もよろしくお願いしま~す!

参考書籍
Sportsmedicine 2011年12月号