【浜松・磐田】ピラティスシリーズ第1話 ピラティスとは?

治療内容紹介
【浜松・磐田】ピラティスシリーズ第1話 ピラティスとは?

こんにちは。浜松・磐田の腰痛、膝痛専門院 『接骨院RISE(ライズ)』です。
体幹トレーニングには、いろいろなやり方がありますが、「ピラティス」も体幹トレーニングとして活用されています。

前回は体幹トレーニングについてお話しました。
今日からその体幹トレーニングの一つであるピラティスについてお話します。

≪ピラティスとは?≫

「身体のストレッチ、筋力強化、バランス強化のためにデザインされたエクササイズと身体の動作法」と定義されています。

ピラティスは、ドイツ人ジョセフ・ヒューベルトゥス・ピラティス氏が、第一次大戦で負傷した兵士のリハビリのために開発したエクササイズです。

最近では、お腹引き締めやきれいな姿勢つくりのために行われることの多いピラティスですが、実は、けが人のためのリハビリで考案されたものなんですね。

ヨガや太極拳などのエッセンスを取り入れ、1900年初頭に考案されました。もともと、リハビリのために開発されたプログラムなので、余計な負担をかけずに身体を整えることができるのが特徴です。

ピラティスとヨガが似ているとされている理由は、「ピラティスにヨガ要素が入っている」からなんですね。

ピラティスの効果として高い評価を得ているのが、コア(体幹部)の筋肉の深層筋(横隔膜・腹横筋・多裂筋・骨盤底筋群)に対するアプローチです。

体幹部を強化することにより、姿勢が安定し、特定な筋肉や関節に負担がかかりにくくなります。 

そして、パソコンと運動不足で肩こり・腰痛に悩まされる現代人の気になる「ネコ背」や「骨盤のゆがみ」を正常(ニュートラル)な状態へと導きます。

また、ピラティスメソッドは、ヨガのストレッチの効果とウェイトトレーニングの筋肉の緊張を同時にもたらすものともいえます。

ヨガがストレッチを中心とするものであるのに対して、ピラティス法は、ストレッチ+きれいな身体を作り、スポーツパフォーマンスを高めるしなやかな筋肉を作り上げることができるという点で違います。

音楽に合わせてリズミカルに動いたり、回数や量をこなしたりする運動と違い、お腹の深層にある筋肉や肩甲骨周りの筋肉など、自分自身の身体に意識を向けて(体幹の深層に力が入っているのを意識することができているか)運動します。

この意識付けがケガの防止やリハビリだけでなく、たるみを防ぎ、プロポーションや姿勢を維持・改善することに大きく役立っています。

ジョセフ・ピラティスは次のように言います。
「10回で気分が良くなり、20回で見た目が変わり、30回で身体のすべてが変わる」

ピラティスで大事なのは、コアの意識です。「ご自身のコア、骨盤や背骨の動きを意識する」ことで、身体が変わっていきます。そのためには、「継続して行う」ことが大事です。

「10回で気分が良くなり、20回で見た目が変わり、30回で身体のすべてが変わる」

ピラティスがこのように言うのには、訳があるのですね。
次回は、ピラティスの効果についてお話ししますね。