【浜松・磐田】体幹が強い人の5つの特徴!          あなたはいくつあてはまりますか?

症状改善ブログ
【浜松・磐田】体幹が強い人の5つの特徴!          あなたはいくつあてはまりますか?

このブログを毎回読んでくれえいるか方、初めましての方もこんにちは!
接骨院RISEです!

体幹ブログを今まで5回にわたってお話してきましたが、少しづ体幹についてわかってきましたか?

私達がブログで話しているのは、体幹についてのほんの一部です。
もっと体幹について知りたい方はRISEでお待ちしております!

トレーニングをしながら。体幹について身体に覚えてもらいますからね(笑)

今日は体幹が強い方の特徴についてお話します。
皆さんはいくつあてはまるでしょうか?

ちなみに私は3つでした(笑)            

体幹の動きの良し悪しを決める要素として、次の5つの要素があります。

1.柔軟性
2.体幹部を自在に動かす感覚
3.体幹を固定する感覚
4.体幹の筋力
5.複雑な動作で、体幹機能を最大限に発揮する能力

では、これらを一つ一つお話していきます。

(1)柔軟性が重要な理由

1.パフォーマンスアップ
高い柔軟性を有していることは、広い範囲での運動が可能ということです。
広い範囲を自らの筋力でコントロールすることができれば、パフォーマンスアップにつながります。

投球動作では、胸椎を伸展させることができれば、回旋の可動域が増えるため大きな反動を利用して投げることできるので、球速を高めることができます。

2.トレーニングの効果アップ
筋トレでは最大伸長(ストレッチされた状態)から最大収縮の範囲が広ければ、筋肉への刺激や働きも高まります。
特に最大伸長が少なければ、関節が動く範囲が狭くなるので、筋肉への刺激や働きが少なくなります。

3.けがの予防
体幹の柔軟性が低いということは、体幹部の筋肉と靭帯などが硬い、ということです。

硬い状態では、体幹部が動いたときに筋肉や靭帯が引き伸ばされたときに、これらが長さに余裕がないために、傷んでしまいます。

柔軟性が高ければ、引き伸ばされても長さに余裕があるので、傷みにくくなります。

また、患部の硬さを他の部位で補うことも考えられます。すると補っている部位がオーバーストレッチの状態になってしまい、痛みが出てきます。

例えば、胸椎の可動性が低いために、回旋可動域が低い腰椎で補うことで腰痛が生じるケースです。ゴルフや野球のピッチングなどのような動作で起こりやすいです。

4.筋緊張の緩和
柔軟性を高めるエクササイズを行うと、筋肉の緊張が低くなり、筋肉内の血流が良くなります。また筋肉の疲労も軽減します。そして、硬くなった筋肉や靭帯などの組織の機能を回復させます。

5.肩凝りや腰痛のケア
筋肉は適度に動かすことでほぐれてきます。エクササイズで動かすことで肩凝りや腰痛のケアをすることができます。

では、柔軟性を低下させる原因は何なのでしょうか?

①組織の伸長(硬さ、伸びにくさ)

組織が引っ張られたとき、その組織の伸びる量の限界に達すると、それ以上は動けなくなります。
筋肉や靭帯、腱、関節包、皮膚、神経、癒着などが原因で組織の柔軟性が低下します。

②衝突(ぶつかり、詰まり)

組織がぶつかって動きを制限することです。
膝を屈曲していくと、大腿部と下腿部の筋肉と脂肪が衝突して屈曲が制限されます。

また、足関節では距腿関節の骨が衝突して可動域を低下させることもあります。
ボディービルダーは筋肉によって肘や膝の屈曲角度が制限されることがあります。

③自動的柔軟性の低下

身体を動かすというのに柔軟性は大切ですよね?

柔軟性が無ければ、動く範囲が少なくなってしまい、ケガの原因やパフォーマンスの低下につながります。
一言に「柔軟性」と言いますが、何を持って柔らかいというのでしょうか?

柔軟性には2種類あります。

他動的柔軟性(passive ROM)と自動的柔軟性(active ROM)です。

他動的柔軟性とは、外力によって関節を働かせる範囲のことを指します。
静的なストレッチやパートナーストレッチです。

手で足首を持って大腿四頭筋を伸ばす静的ストレッチも「手」と言う外力を利用しています。

一方、自動的柔軟性とは、外力によるアシストなしで自らの筋力で関節を動かせる範囲です。

ブラジル体操やラジオ体操などの動的なストレッチです。

スポーツだけでなく日常生活でも自分の筋力で動かすことがほとんどであり、自動的柔軟性が高いことが求められます。

いくら他動的柔軟性が高くても自らの筋力で全ての範囲を動かせるわけではありません。また、筋力を強くしても自動的柔軟性が低ければパフォーマンスアップにはつながりません。

(2)体幹を動かすことについて

動きは「筋肉の力」によって行われますが、筋肉をどのように動かすかは神経系がコントロールしています。

したがって神経系の能力が低ければ全ての関節可動域で力が上手に発揮できないのです。

特に体幹部分は一つ一つの関節の可動域が少ない部位です。

回旋運動で胸椎の回旋可動域が低いために、腰椎で代償してしまい、腰痛の原因になってしまいます。

また、腰部を固定して胸椎を動かしたいのに、それができずに腰部を動かしてしまうこともあります。

ゴルフのスイングがいい例です。
ゴルフスイングは、腰部を固定して股関節と胸椎の回旋運動がなされるべき運動です。

腰椎の回旋可動域は5度しかありません。

このように四肢を適切に動かすためには体幹部分の適切な柔軟性と固定力が求められます。

さらに、四肢だけ・体幹だけ、という部分的なうごきではなく、体幹と四肢が連動することで下肢からのパワーを体幹から上肢へと伝えていくことも大事です。

体幹トレーニングというと、腹筋・背筋周辺のトレーニングと言うイメージが強いですが、体幹部分を固定して四肢を動かすことも求められます。

また、腰部を固定して胸椎と股関節を動かすトレーニングも大切です。

最後に今日も皆さんに当院のトレーニング紹介しちゃいますよ~( ゚Д゚)
次回は、「体幹を固定する」「筋力やパワーとの関連」についてお話しますね。

では最後に今日も皆さんに当院のトレーニング紹介しちゃいますよ~( ゚Д゚)

今日はこれ!
体幹部を固定したまま手足を動かす運動~(ラジオ体操風)

チェンネル登録もよろしくお願いします!