浜松駅より徒歩40分 | 磐田駅より車で10分 姿勢を変えて根本から改善する接骨院 接骨院RISE(ライズ)

【浜松・磐田】筋肉の硬さが腰の痛みの原因?

筋肉の硬さが腰の痛みの原因?

こんにちは。

浜松、磐田市の「腰痛・ひざ痛のための骨盤矯正・姿勢矯正」専門の接骨院RISEの斉藤です。

急に寒くなってきましたが、体調を崩したりしていませんか?

 

RISEの患者さんの悩みの1つに

体が硬い

ストレッチしても柔らかくならない

という声を多くいただきます。

 

確かに足や背中の筋肉の柔軟性は、腰に与える影響は大きいです。

特に股関節周辺や背骨(特に胸椎)の筋肉の柔軟性や可動性は直接腰に負担をかけることがあります。

 

腰は胸椎(背骨の胸の部分)と股関節に挟まれた場所です。

その上下の関節の柔軟性や可動性が低下していれば、腰が過剰に動くことになるからです。

腰は回旋(ひねり)の動きは少ないのが特徴です。

ひねる時は、股関節と胸椎で行い、腰はひねらないように腹筋や背筋で動かないようにコントロールされています。

しかし、股関節と胸椎の柔軟性と可動性が低い場合は、腰でひねらないと体のひねりができないので、無理やりひねることになるのです。

 

腰自体のひねりは全部で5度です。

5度を超えるひねりは、過剰なひねりとなり痛みの原因となります。

なので、股関節や胸椎(背骨)の動きは腰痛予防に必要不可欠なんです。

 

また日常生活でも、イスに座る・イスから立ち上がる・下の荷物をとるなどのようにかがんだり、伸び上がる動作では股関節や背中の動きがスムーズでないと、腰に負担がかかり痛みとなってしまいます。

 

RISEでは、股関節周辺の柔軟性や可動性向上のための、手技治療(筋膜リリース)や体操・ストレッチ指導を行っています。

患者様には、

「私、体硬いから・・・」

といって諦めている人もいますが、そこは粘り強く、根気よくお伝えして、ご自宅で体操やストレッチを実践してもらっています!

 

最初は硬くてうまくできない人でも、正しいやり方で2週間、真面目にやれば必ず柔らかくなってきますし、動きが出てきます。

 

例えば、もも裏の筋肉(ハムストリングス)のストレッチでよく行われるのが、長座体前屈ですよね?

このストレッチでは、できる限り背中を伸ばして前屈することでもも裏の筋肉が伸びます。

 

しかし、骨盤が後傾して、背中が丸まっている状態では、もも裏(ハムストリングス)は効果的にストレッチされず、柔軟性や可動性が向上しないのです。

こんな感じですね。

これではいくらやっても、もも裏の筋肉が伸ばされません!

骨盤を前傾させて、背中をまっすぐに伸ばした状態で、股関節から前屈することでもも裏の筋肉がストレッチされるのです。

 

股関節や背中の筋肉の硬さが腰にどのような影響を出しているか、お分かり頂けたでしょうか?

筋肉の柔軟性の低下=腰の痛み

というのは必ずしも言えないですが、

「腰が痛い人の多くは、筋肉の柔軟性が低下している」

ということが当てはまります。

「腰が痛くて、筋肉の柔軟性がある」

という人は、

「腹筋や背筋などの体幹部の強化」

をするといいでしょう!

 

いかがでしたか?

もし浜松、磐田市で、体が硬くて腰や膝が痛い人は、RISEまでご連絡お待ちして入ります。

  • line
buy windows 7 x64 professional product key can i get product key windows 7 ultimate 64 bits oem where official torrent product key microsoft office professional plus 2016 official windows 10 home product key 64 bit 2016 can i use product key microsoft office professional plus 2013 buy best free new windows 7 ultimate product key the best product key untuk microsoft office professional plus 2016 can i use download windows 7 professional product key download official windows 7 ultimate product key 64 bit september 2017 buy best need a windows 7 ultimate product key