浜松市の腰痛専門院  痛み止めや注射に頼らない着実なヘルニア治療って?

浜松市の腰痛・膝痛駆け込み寺ことRISEです。

浜松市南区にございます当院には、整形外科や接骨院、整体に通院したものの、症状が思わしくない方が多く来院されています。

とは言っても、痛みを立ちどころに消す、マジックのような神業、ゴッドハンドをもっているわけではありません。(※瞬間的にヘルニアによる痛みを抑え、再現性確実性がある手技治療は、私は存在しないと思っています。)

計画かつ継続的治療により、多くの方が改善され、痛みによるストレスの少ない生活を送っています。

腰痛にしても膝痛にしても、患部に負担のかかる動作や筋バランスを整えることで、患部への負荷は減ります。

単回での治療や痛み止め中心の治療、電気治療では、こうした根本的な身体問題(※=可動域や筋力低下)が改善されるわけではないので、『いつまでも治らない!!』という負の連鎖に迷いこんでしまいます。

本日は、医療機関に通院したものの経過が思わしくない疾患の代表ともいえる、『腰椎椎間板ヘルニア』について当院での治療法をご説明します!

①ヘルニアって何だ?

腰の骨との間にある椎間板を損傷することで起きる疾患です。椎間板には、柔らかいゲル状の髄核が中心にあり、それをやや硬めの線維輪が覆っています。

その線維輪が断裂し、髄核がそとに押し出されてしまったものが椎間板ヘルニアです。

飛び出した髄核が神経を圧迫することで強い痛みが発生します。

主な症状は、腰痛と下肢痛です。場合によっては、腰痛がなく、下肢の痛みや痺れ感のみの場合もあります。

②ヘルニアの原因って?

整形外科学の教科書的には、加齢が原因となり椎間分が変性し、柔軟性を失うことで起きるとされています。

ただ、加齢と一言で片づけてしまっては、身も蓋もありません。

これでは、治療のしようもありません。

我々は、椎間板にストレスが生じる原因となる、

①骨盤のゆがみ

②股関節の硬さ

③背部の硬さ

④腹部インナーマッスル・おしりの筋力低下

をヘルニアの原因として考えています。

では、順を追ってご説明いたしますね。

③骨盤のゆがみ

骨盤は、身体の中心にある、①仙骨と②寛骨、尾骨という骨で構成されています。

骨盤には、上半身からの筋肉、下肢からの筋肉の多くが走行、または付着しています。

その為、骨盤が左右へ歪んだり、前後に傾くことで筋肉への張力が変化します。

張力が強くなり、張りつめてしまうと、関節の動きはせまく悪くなってしまいます。

この関節の動きの悪さは、腰へのストレスを増やす原因です。

RISEでは、骨盤のゆがみや傾きを矯正し、腰に負担のかからない身体バランスを定着させます。

pastedGraphic.png

※RISEの骨盤矯正は、痛みはまったくありません。

※骨盤のゆがみと足の左右差

骨盤がゆがんだり傾くと、見かけ上、左右の足の長さに差が生じます。

臨床的には、1㎝以内の差であれば、機能的には問題がないとされていますが、長年腰痛に悩まされている方を計測してみると、1㎝以上足の長さの差がある場合が多いです。

この場合、矯正をする必要があります。

④股関節の硬さ

股関節は、骨盤と大腿骨で構成される人体で最大の関節です。(※分かりやすく言えば、足の付け根のことです。)

腰の骨(=腰椎)を含めた背骨は、股関節と連動し動きます。

股関節の可動域が下がり、動きが悪くなった場合、そのストレスは、腰にかかります。

RISEでは、筋膜リリース、可動域訓練、ストレッチを駆使して、可動域の改善を図ります。

勿論、患者様自身でも定期的なストレッチを行なえるよう、セルフストレッチのアドバイスも行っています。

特にヘルニアの場合、太ももの裏側やお尻が硬く、動きが悪い場合、前かがみを行った際に、腰椎が前屈方向に動きすぎ、椎間板内の圧力が増してしまいます。

腰に負担をかけず、太ももやお尻を柔らかくできるかが、大切なポイントです。

pastedGraphic_1.png

※ストレッチは、ヘルニア治療には大切です!

⑤背部の硬さ

背骨(=脊椎)は、頸椎、胸椎、腰椎に分類されます。

その中で、胸椎(※ちょうど肩甲骨から背中の高さぐらいです。)の柔軟性が、高いことは重要です。

胸椎の柔軟性が低い方の場合、その動きを補う腰椎が過剰に動きすぎる場合があります。

腰痛、ヘルニアというと、足のストレッチのみを行う方も多いですが、背部のストレッチも合わせて行うことで、更に腰にかかる負担を減らすことができます。

⑥腹部インナーマッスル・おしりの筋力低下

この二つが腰椎を守る主要な筋肉です。

筋力強化については、腰部の状態を確認しつつ負担がかからないフォームで行うことが求められます。

いわゆる腹筋や、膝を前に出しすぎるスクワットなどは、逆に腰へのストレスを与えてしまう場合がありますので要注意です。

RISEでは、専門のトレーナーが、運動経験がない方でも安心してトレーニングができるよう、アドバイスします。運動が苦手な方でも、挫折される方は、ほぼいらっしゃいません。

pastedGraphic_2.png

※運動が苦手な方もお任せ下さい!!

≪まとめ≫

ヘルニアと一言で言っても、その原因は様々です。

上記のような原因が複数重なっているケースもあれば、一つの因子がヘルニアの症状を引き起こしている場合もあります。

こうした身体問題を解決せず、痛み止めやブロック注射などで先送りにしてしまった場合、ヘルニアのレベルが進み、結果に外科的な処置を行わざるを得ない場合もあります。

関節可動域や筋力などにより、身体状況を評価し、絡み合った問題を、一つ一つの地道に不調を解決していくことで、症状は必ず変化します。

浜松市で腰椎椎間板ヘルニアでお悩みの方は、お一人で悩まず、私どもにお気軽にご相談頂ければと思います。

.

 


浜松院へのお問い合わせ

腰と膝の治療院 RISE(ライズ)のWEBサイトをご覧頂きありがとうございます。
内容に関するお問い合わせやご相談などお気軽にお電話・下記フォームよりお問い合わせください。

お電話番号を記載して頂きますと、スムーズに対応することができます。
お急ぎの方はお電話にて直接お問い合わせ下さいませ。

よろしくお願いします。

お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください。

(↑携帯電話の方はタップすれば電話がかかります)


接骨院 RISE 浜松院 浜松市の腰と膝の治療院RISE


月〜金 9時〜11時半 14時半〜19時半
土   8時〜13時
日・祝 休み
完全予約制

.
メールでのお問い合わせは以下のフォームをご利用ください。


(例:山田太郎)

予約希望日

予約希望時間

電話可能時間帯(第1希望)

電話可能時間帯(第2希望)

電話可能時間帯(第3希望)


(例:sample@yamadahp.jp)

上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、
4~5秒かかる場合がございます。
その際、続けて2回押さないようにお願いいたします。

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、
メールにてお申込ください。

ラインをご利用の方はこちらの案内をご覧ください

LINEでのお問い合わせ・ご予約はこちらのQRコードで「RISE」より24時間受けつけております。