浜松市 腰痛が病院に行っても治らないあなたへ!

こんにちは。

浜松市南区西伝寺の「腰痛・ひざ痛に対する骨盤矯正・姿勢矯正」専門の接骨院RISEです。

浜松市で腰痛が病院(整形外科)に行っても治らない患者さんの最後の砦となっております。

 

さて、病院(整形外科)に行ってもなぜあなたの腰痛やひざ痛が治らないのでしょうか?

病院(整形外科)では、基本的には痛みの患部の症状のみにフォーカスします。

つまり、腰には腰、膝には膝、に対するアプローチです。

決してこれは間違ったものではありません。

 

患部に対して、湿布や痛み止めなどを処方して、炎症を抑えたり、痛みを抑えたりすることは治療の1つとしては「あり」なのです。

 

でも、じゃあ

なぜ治らないのでしょうか?

炎症や痛みをとったのに!

 

それは・・・

炎症や痛みが出る根本の原因を解決していないから

なんです。

 

腰が痛い例を見てみましょう。

椅子から立ち上がるときや車から降りるときのように、腰を反らす時に痛い場合を考えます。

この時痛いのは、

「腰を反らせる」

という動作で痛みが出ています。

もっと言えば、反らさなければ痛くないのです。

 

この例では、病院(整形外科)での、湿布や痛み止めは効果はあるでしょうか?

この場合は炎症や痛みを取る治療効果は望めません。

なぜなら、反らせる動作をしなければ、炎症が出たり痛みが出たりしないからです。

 

「腰を反らせる」動作に問題があり、腰そのものには問題はありません。

レントゲンやMRI上で、骨折(腰椎分離症・滑り症)や関節の炎症(椎間関節炎)などが見られれば別ですが。

腰を反らせる動作で痛いので、正しく痛くない腰の反らせる動作を習得しない限り、痛みは出るのです。

 

痛みそのものにフォーカスする病院での対処療法では、治らないのはお分かりいただけたでしょうか?

もちろん、湿布や痛み止めが必要な場合もあるので、全ての例ではないということは頭に入れておいてくださいね!

 

では、対処療法ではなく、根本原因にアプローチするということはどういうことでしょうか?

 

上記の腰を反らせる例で言うと、

腰だけで反るのではなく

股関節から背骨全体で反らせているか?(腰だけで反らせるのは痛みが出る原因)

胸椎の伸展可動域(反らせる範囲の広さ)

を最低限診て、問題があればその動きを変えてあげることです。

これって、腰ではなく、股関節と胸椎のように患部外の動きの改善なのです。

 

だから腰だけを見るのではなく、全体を見る必要があるのです。

 

RISEでは、患者さんの動きを細かくチェックします。

そして痛みの出る動きを確認し、その原因を解明していきます。

 

だからあなたの腰痛の根本原因に対して施術をして、動きを変えて痛みの出ないようにしていけるのです。

 

そして再発を防止する、セルフケアエクササイズも取り組んでいます。

最終的には、

あなたが自分自身で体を守ることができるようにする

ことが可能なのです。

 

浜松市で病院(整形外科)に通っても腰痛が良くならない場合は、一度RISEにご相談ください。

.

 


浜松院へのお問い合わせ

腰と膝の治療院 RISE(ライズ)のWEBサイトをご覧頂きありがとうございます。
内容に関するお問い合わせやご相談などお気軽にお電話・下記フォームよりお問い合わせください。

お電話番号を記載して頂きますと、スムーズに対応することができます。
お急ぎの方はお電話にて直接お問い合わせ下さいませ。

よろしくお願いします。

お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください。

(↑携帯電話の方はタップすれば電話がかかります)


接骨院 RISE 浜松院 浜松市の腰と膝の治療院RISE


月〜金 9時〜11時半 14時半〜19時半
土   8時〜13時
日・祝 休み
完全予約制

.
メールでのお問い合わせは以下のフォームをご利用ください。


(例:山田太郎)

予約希望日

予約希望時間

電話可能時間帯(第1希望)

電話可能時間帯(第2希望)

電話可能時間帯(第3希望)


(例:sample@yamadahp.jp)

上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、
4~5秒かかる場合がございます。
その際、続けて2回押さないようにお願いいたします。

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、
メールにてお申込ください。

ラインをご利用の方はこちらの案内をご覧ください

LINEでのお問い合わせ・ご予約はこちらのQRコードで「RISE」より24時間受けつけております。