体幹の役割〜姿勢を保つ〜

浜松市西伝寺にある「腰痛・ひざ痛のための骨盤矯正・姿勢改善専門」接骨院RISEです。

腰や膝を守るためには体幹部の安定・強化は欠かせません!

前回は、体幹の役割ということで内臓との関係性をお話ししました。

では、他の「体幹ってどんな役割があるのか?」というのを、お話ししたいと思います。

体幹の役割は以下の通りです。

①内臓を所定の位置に収める
②姿勢保持
③体幹部を動かす

この3つが体幹の役割です。

今回は、「②姿勢保持」について詳しくお話しします。

 

1.姿勢を保持するには?

2.体幹を構成する筋肉

3.体幹の深部の働き

4.まとめ

 

1.姿勢を保持するには?

姿勢を正しく保持するためには、腹圧(腹腔空圧)を高めて背骨や骨盤、肩甲骨を支えることが大切です。

昔から力をしっかり入れるときに『腹に力を入れろ』とか『丹田に力を入れろ』とか言いますが、それはこの腹圧を高めることをさしています。

腹圧を高める力の入れ方は、おへその下をひっこめる感覚です。

ウエストが細いズボンやスカートを履くときに下っ腹をひっこめるあのイメージです。

「ミスターインクレディブル」を見た方は、太った主人公が昔の服を着ようと悪戦苦闘するシーンを思い浮かべてください!

 

2.体幹を構成する筋肉

この時に

腹横筋

多裂筋

横隔膜

骨盤底筋群

が一緒にはたらいて腹圧が高まり、内側から背骨を支える力を強化するのです。

これら4つの筋肉が体幹部を構成する筋肉です。

また、体幹のインナーマッスルとアウターマッスル(皮膚に近い筋肉)の筋肉が働くと、胸腰筋膜を引っ張ります。

胸腰筋膜というのは、腰から背中にかけて存在する厚く強靭な筋膜で、「コルセット」の役割をしています。

コルセットや腰痛ベルトなどは、腹圧を高めたり、胸腰筋膜の働きをサポートしたりしています。

腹横筋、腰方形筋、内腹斜筋などがはたらくと、この胸腰筋膜を引っ張るようにテンションをかけます。

ちょうどコルセットを強く締めるような作用でお腹を締め、体幹を安定させます。


 

3.体幹の深部の働き

体幹部の深層には、背骨と背骨に付随する椎間板や靭帯、また背骨から背骨にまたがってついている小さい筋肉などが存在します。

背骨は頸椎が7個、胸椎が12個、腰椎が5個、仙骨と尾骨に分類されます。積み木のような状態で、一つ一つの背骨を人体や小さな筋肉がつないでいます。

体幹部の深層部の働きは、以下の通りです。

(1)背骨をつなぎとめる

背骨はブロック状の椎骨で構成されますが、椎骨と椎骨の間には絶えず前後、左右、回旋などの負荷がかかっています。これを剪断力(せんだんりょく)といいます。

この剪断力に対抗して背骨を物理的につなぎとめているのが、靭帯や小さな深部筋群などです。

つまり背骨というブロックがバラバラにならないように『すべり止め』の役割をしているのです。

(2)背骨の位置や動きを感知し、姿勢や体の動きを調整する。

また靭帯や小さな筋群には、背骨の動きや位置を感知する固有受容器という器官があり、センサーのような働きをしています。

受容器(センサー)が感知した情報は脳(小脳・大脳)に送られ、姿勢を調整したり、身体全体の動きを調整したりしています。

4.まとめ

姿勢が良い状態とは、静止状態だけでなく、スポーツなどのように動いている時でも保たれていることも指します。

スポーツでは、「パワーポジション」と言われていますが、自分の身体をすぐに動き出せる姿勢です。

バランスを崩しても、良い姿勢を維持する能力がスポーツには求められます。

この姿勢維持にも体幹の強さが求められます。

サッカーでは、中田英寿さんが抜群のバランス能力を持っていました。

背中を真っ直ぐにして、身体をぶつけられても倒れない体幹の強さでした。

スポーツ現場でのトレーニングで、体幹トレーニングは行っていますし、けが人のリハビリメニューでは、取り入れています。

復帰して再度けがをしないためにも、体幹の強さはとても必要な要素だからです。

スポーツ選手が体幹トレーニングを行うのにはこのような理由があるのです。

RISEでは、腰痛やひざ痛のために、体幹を強化する運動も取り入れています。

もちろん、スポーツ選手よりも負荷は少ないですけどね・・・

腰痛やひざ痛を改善し、予防していくためにも正しい姿勢を維持することは欠かせません。

本や動画などで真似してもうまくいかない人は、正しい体幹トレーニングができていないことが多いです。

RISEでは、一人一人正しいフォームで体幹を強化することを指導しています。

安心してくださいね!

.

 


浜松院へのお問い合わせ

腰と膝の治療院 RISE(ライズ)のWEBサイトをご覧頂きありがとうございます。
内容に関するお問い合わせやご相談などお気軽にお電話・下記フォームよりお問い合わせください。

お電話番号を記載して頂きますと、スムーズに対応することができます。
お急ぎの方はお電話にて直接お問い合わせ下さいませ。

よろしくお願いします。

お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください。

(↑携帯電話の方はタップすれば電話がかかります)


接骨院 RISE 浜松院 浜松市の腰と膝の治療院RISE


月〜金 9時〜11時半 14時半〜19時半
土   8時〜13時
日・祝 休み
完全予約制

.
メールでのお問い合わせは以下のフォームをご利用ください。


(例:山田太郎)

予約希望日

予約希望時間

電話可能時間帯(第1希望)

電話可能時間帯(第2希望)

電話可能時間帯(第3希望)


(例:sample@yamadahp.jp)

上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、
4~5秒かかる場合がございます。
その際、続けて2回押さないようにお願いいたします。

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、
メールにてお申込ください。

ラインをご利用の方はこちらの案内をご覧ください

LINEでのお問い合わせ・ご予約はこちらのQRコードで「RISE」より24時間受けつけております。